ストロベリー・フィールズ

 15, 2012 22:17
3月25日に文庫化された小池真理子さん著書/ ストロベリー・フィールズ を頂きました。
(トレンダーズのモニターに参加中)

P1030182.jpg

話題の本は別として、普段は割とジャンルにはこだわらず、
その時に興味をもったタイトルや著者で本を選んでいますが恋愛モノは久しぶり
帯に「一人の女性の孤独を描く傑作長編」とあるように、厚さ2センチもあって
読み応えがありました。

出版社社長・月川智之の後妻となった主人公の女医・夏子(45歳)は、
夫の連れ子である大学卒業間近のりえと3人暮らし。
クリニックを営む傍ら、良き妻、良き母に努めること7年が経ったある日、
りえの婚約者・江沢、大学の友人・愛、愛の兄・旬、智之の秘書・葉月が月川家に集まったところから、
少しずつ穏やかだった生活が変容していく。
夫の不貞、継娘との軋み、実母の認知症など家族のほころびを持て余したまま肥大する孤独感。
その隙間に入り込むかのように、親子ほど年が離れた旬のアプローチは夏子を癒していく。

夏子を通して、手に取るように各々の心の動きがわかる丁寧な描写はさすがです。
毎夜読むのが楽しみで、寝不足気味
個人的にはミステリアスとされる旬にさほどイイ男の魅力を感じなかったからかなぁ。
プラトニックな恋愛の部分よりも、人生の輪郭がうっすらと見えてくる年代が感じるであろう
寂寥感やプレッシャーに共感しながら読み終えました。ドラマか映画化したら面白そう。

タイトルのストロベリー・フィールズ は、ビートルズの曲でジョン・レノンが子供の頃
遊びに行っていた孤児院の名前だそう。夏子同様に、苺畑を想像してましたがな
この本を読んで改めて「Strawberry Fields Forever」の訳詞をかみしめながら聴くと、なんとなく物悲しい。
洋楽に興味を持った頃、まずはロックの王道から!と聴きはじめたレッド・ツェッペリンや
ローリング・ストーンズなどの懐かしい曲名が出てくるので、
YOUTUBEで懐かしく聴きながら読みふけりました。
辞書代わりにもなるし、「IPAD片手に読書」はなかなかお勧めです。

定 価:860円
文 庫:655ページ
出版社:中央公論新社

P1030188.jpg

COMMENT 0

TRACKBACK 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  まとめteみた.【ストロベリー・フィールズ】
  • 3月25日に文庫化された小池真理子さん著書/ ストロベリー・フィールズ を頂きました。(トレンダーズのモニターに参加中)話題の本は別として、普段は割とジャンルにはこだわらず、その時に興味をもったタイトルや著者で本を選んでいますが恋愛モノは久しぶり帯に「一人?...
  • 2012.04.16 (Mon) 15:40 | まとめwoネタ速suru

WHAT'S NEW?