staub 18 シーズニング

 06, 2017 20:33
何年も迷いに迷って、
昨年末staub(ストウブ)のお鍋を購入。



6年前にルクルーゼの22㎝を買い、
それなりに使っているものの
若干サイズが大きめなのに加え、重いのがネック。。。
大は小を兼ねないことを学ぶ。

もう重い鍋は買うまい・・・と思いながらも、
あちらこちらで見かけるたびに
この男前な見た目の美しさに心が揺れたものです。

ネット検索するとたくさん情報が出てくるので吟味を重ね、
お色はグレーと迷ったけれど、ブラックにして初志貫徹。

サイズは16㎝と迷って18㎝を購入。
16㎝になると鍋が深めになって
コンロとの接地面がより狭くなるので、
煮物・焼き物などには広い方が良いかなと勝手に推測。

重さは3㎏以下なのでストレスも軽減。
お米なら2合、スープなら3,4人前いけます。
なんでもまとめて作るので、これで良かった!と思いつつ
16㎝のグレーがあっても可愛いかも♪ と欲が出るから
恐ろしやstaubの魅力。
鍋は見るものではなく使うもの。、
今度こそもう重い鍋は買うまい!?

ルクルーゼとの違いは、密閉性の高さと無水調理ができること。

今日は使用前に必要なシーズニングを行う。
錆びないように、鍋の内側に油を薄く塗って弱火で温めたら
余計な油をふき取ってまた温める作業。
長持ちさせるためにこまめにやるといいみたいだけど、
他の鉄鍋のように毎回する必要もないらしい。

ルクルーゼとどのくらい違いがあるのか
使うのが楽しみ^^



COMMENT 0

WHAT'S NEW?