「PAN」 「リトルプリンス(星の王子さまと私)」

 13, 2016 23:41
先月末、目黒シネマにて
「PAN」「リトルプリンス(星の王子さまと私)」のファンタジー映画を鑑賞。

PANは、孤児院で暮らす少年ピーターが
ピーターパンと呼ばれるようになった由縁がわかるお話。
ピーターパンはよく知らなかったので、
ネバーランド、フック船長の関係性がよく理解できた。
ファンタジックな映像が素晴らしく美しいので
観ているだけで飽きない。まさに映画館向き。
こんな映画でニルヴァーナの楽曲が聞けるなんて・・・
黒ひげの海賊役のヒュージャックマンが
Smells Like Teen Spiritを歌うシーンが
カッコいい。


リトルプリンスは、サン・テグジュペリの名作“星の王子さま”の
その後に出会うための冒険旅。
娘の人生設計を完璧にスケジューリングするキャリアウーマンの母親の元で
ひたすら孤独に勉強する少女が、隣に住む元飛行士の風変わりな
おじいさんと星の王子様の物語を通して友情を育んでいく。
ある日おじいさんが病に倒れ、飛行士時代に出会ったという
星の王子さまにもう一度会わせてあげたいと願う少女。
初めて母親に反抗し、旅を通して成長していく姿が健気。
「大切なものは目に見えない」とはどういうことなのか、
メッセージ性の強いストーリなので、色々と考えさせられて
ほっこり・ほろりとする作品。
それにしても、実写と見紛うほど繊細かつ大胆なスケール映像で
CGアニメの技術ってスゴイ!



COMMENT 0

WHAT'S NEW?