わたしが私であるための2本立て

 01, 2016 00:27
今年初の映画は、目黒シネマにて
“わたしが私であるための2本立て”というテーマで
「マイ・インターン」と「私に会うまでの1600キロ」を
観てきました。


マイ・インターンは、社長で超多忙なキャリアウーマン役の
アン・ハサウェイの会社へ、シニアインターンとして再就職した
ロバート・デニーロとの間に生まれる友情・ヒューマンコメディドラマ。
大好きなロバート・デニーロ様が出演ということで
気になっていた映画。
とにかくロバート・デニーロのチャーミングな笑顔と
紳士の優しさに癒される時間でした。
内容自体はありがちな設定でまぁまぁといったところですが、
インテリアやファッションも楽しめて
温かい気持ちになれるので、また見てみたい映画。
映画館には、彼の出演作のポスターが貼られていました。
ほとんど見ていたつもりですが、内容が思い出せない(^-^;



「わたしに会うまでの1600キロ」は、
挫折の日々から新しい自分を見つめ直すために
山歩き未経験の女性が、砂漠と山道を3か月間たった一人で
歩いて進む実話に基づいた旅のお話。
大自然の厳しさに増えていく生傷に耐えながら、
過酷で孤独な旅の中で繰り返す葛藤や後悔といった心の痛みと向き合い
次第に逞しく変わっていく姿に惹き込まれる。
自然の風景が素晴らしいので、男女問わずお勧めです。

今年は映画をたくさん見るぞ。

COMMENT 0

WHAT'S NEW?