Photo Gallery

体に良いと聞き、随分前に水の中に入れると水素水になるというスティック状のものを
使用していましたがいろいろな作用があるようです。
日本医科大学/太田教授×生島ヒロシさんのお話がわかりやすかったのでご紹介。

【水素の達人】 第37回~水素の達人(1)


【水素の達人】 第37回~水素の達人(2)



☆太田教授の水素水の研究
2005年に始まり、2007年に体内の活性酸素を水素が除去をする論文を発表。
この5年の間に水素に関する論文が世界中で250以上もの論文が発表されているそう。

☆水素の特徴
水にも油に溶けるので、細胞の隅々まで到達
活性酸素に吸着、消去し、効果的に酸化ストレスから防御
活性酸素を消去する酵素を生成する手助けをする。

☆活性酸素
善玉と悪玉があり、善玉活性酸素を全て消去すると却って寿命が短くなる
水素は悪玉にしか反応しない

☆水素水の効能
・病気の元である活性酸素の除去に効き目があるので
脳梗塞の患者に水素水を勧めるクリニックもある
・抗酸化作用で乳酸がたまらないので、疲れにくくなる。 

☆その他
・マウスの実験段階
 ストレスを与えたうつ病のマウスに水素水を与えると、記憶を司る神経が悪化せず
 症状が改善している。
 ・体温が上がり血流アップ、アレルギーに効く、炎症を抑えるといわれているが
 現在は研究段階。
・副作用としては、利尿作用があるので、会議など大事な席の前では摂取しないほうがよい。
・寿命を延ばすものではなく、寿命まで健康を維持する力=健康寿命を長く保てる。

☆水素水の保存
水素水の水素は、振動を与えると10分でなくなるので、静かに扱う。

他に、水素水の選び方なども説明してくれているので、是非ご覧くださいね。

達人道のブログレポーターに参加中

WHAT'S NEW?